2022年5月、厚生労働省は新型コロナウイルス感染症対策として、マスク着用に関して、専門家の意見をふまえて以下の考え方を示しました。

・マスク着用は基本的な感染防止策として重要。
・屋外では、人との距離(2m以上)が確保できる場合や、距離が確保できなくても会話をほとんど行わない場合は、マスク着用は不要。
・屋内では、人との距離(2m以上を目安)が確保できて、かつ会話をほとんど行わない場合は、マスク着用は不要。
・高齢の方と会う時や病院に行く時はマスクを着用する。
・夏場は、熱中症防止の観点から、屋外でマスクの必要のない場面では、マスクを外すことを推奨。
・子どものマスク着用については、人との距離(2m以上を目安)が確保できる場合においては、マスク着用は不要。2歳未満の子どもにはマスクの着用は推奨しない。3歳以上の小学校入学前の子どもには、人との距離に関わらずマスク着用を一律に求めていない。
・マスクを着用しない場合であっても引き続き、手洗い、「密」の回避等の基本的な感染対策を行う。

なお、日本にはマスクの着用を義務付けたり、着用しない場合に罰金を科すなどの制度はありません。
参考:
(日本語)
屋外・屋内でのマスク着用について(厚生労働省)